Ryan Phelan

ライアン・フェラン
Revive & Restore 
共同設立者 /
エグゼクティブディレクター

ライアン・フェラン氏は、Revive & Restoreの共同設立者、及びエグセクティブディレクターである。同氏は、世界有数の分子生物学者、保全生物学者、環境保護団体と協力し、絶滅種再生プロジェクトを発足。最先端のゲノムテクノロジーを活用することで、これまで困難とされていた近親交配、外来疾患、気候変動、破壊的侵入種などよって引き起こされる問題を解決し、生物の多様性を高める先駆的な取り組みを行なっている。 2016年に実施されたIUCN世界自然保護会議では、絶滅種の再生に関する画期的なワークショップを開催。また、2015年に実施された同会議、及びロックフェラー財団が主催するベラージオ会議では主任研究員を務め、合成生物学における生物多様性の保全について議論を行なった。 フェラン氏は、営利・非営利を問わずシリアルアントレプレナーとして精力的に活動を行い、これまでに2つのヘルスケア企業の設立者兼CEOを務めた —”DNA Direct”では、世界初の遺伝医療サービスを取扱う企業としてパーソナライズドメディシンを提供し、”Direct Medical Knowledge”では医療・健康についての情報発信サイトを消費者向けに展開。現在は、Revive & Restoreの代表取締役を務める。

Speaker Session
14:10
Session2
ブルーマーブル[地球]の未来と人類の使命~自己適用型複雑系システム~

© 2020 Digital Garage, Inc. All rights reserved

  • Facebook
  • Twitter