© 2020 Digital Garage, Inc. All rights reserved

  • Facebook
  • Twitter

Joichi Ito

​伊藤 穰一
株式会社デジタルガレージ 
共同創業者 取締役

伊藤穰一は、投資家、事業家であり、ベンチャーキャピタリスト。また学者とししての研究テーマは、テクノロジーの進歩における倫理とガバナンスなどの社会問題、気候変動などの環境問題、大学や研究システムの再設計などの教育問題など多岐にわたる。
2011年から2019年までMITメディアラボ所長に就任。またPureTech Health取締役会議長、クリエイティブ・コモンズでは代表や取締役会議長を務めた。The New York Times、ソニー株式会社、Knight財団、MacArthur財団、The Internet Corporation for Assigned Names and Numbers (ICANN)、Mozilla財団、The Open Source Initiative、The Electronic Privacy Information Center (EPIC)では、ボードメンバーを務めた。


現在は、共同創業した株式会社デジタルガレージの取締役を務めている他、アーリーステージベンチャーキャピタルファンドであるNeotenyを運営している。また、オープンな環境データ・プラットフォームを推奨し、主にボランティアによって運営されている非営利団体Safecastのボードメンバーを務めている。
また、Flickr, Last fm, littleBits, Optimus Ride, FormLabs, Kickstarter, Twitter等を初めとする数々の有望ネットベンチャーの起業を支援した。

 

2011年英オックスフォード大学インターネット研究所より特別功労賞受賞。2013年米大学機構The New Schoolより名誉博士号(文学博士)を受位。2013年米SXSW Interactive(サウスバイサウスウェスト・インタラクティブ)殿堂入り。2013年米タフツ大学より名誉博士号(文学博士)を受位。2017年米Industrial Research InstituteよりIRI Medal受賞。2019年米The Electronic Privacy Information Center (EPIC)より特別功労賞受賞。


慶応義塾大学SFC「インターネットと社会・ラボ」研究所主席所員。2018年同大学大学院政策・メディア研究科にて博士号(博士論文:「Practice of Change (変革論)」)を取得。
2016年「9プリンシプルズ-加速する未来で勝ち残るために」(早川書房)共著。

Speaker Session
13:30
Session1
文化とテクノロジーがインターネット革命に与えた影響とこの先の未来
14:10
Session2
ブルーマーブル[地球]の未来と人類の使命~自己適用型複雑系システム~
15:30
Session3
アジアの勃興とグローバルインキュベーション